Superflyのアルバム『0』の感想、評価

リリース情報

アーティスト – Superfly
タイトル – 0
発売日 – 2020年01月15日
発売元 – ワーナーミュージック・ジャパン
価格 – 3,300円(通常盤)

概要

15年5月に発売された『WHITE』から4年8カ月ぶりとなるアルバム。
ほぼ全楽曲の作詞・作曲を越智志帆自身が手掛けており、編曲含めて自身のエッセンスの詰まった作品となっている。
壮大なバラード、ジャズナンバー、Superflyの王道とも言えるポップで背中を押してくれる応援歌など、多彩な楽曲たちが詰まった1枚。

Superfly 覚醒(Live Music Video) 映画『プロメア』主題歌

『0』の収録内容

1. Ambitious
2. フレア
3. Gemstone
4. 覚醒
5. ハッピーデイ
6. Fall
7. Lilyの祈り
8. 氷に閉じこめて
9. Bloom
10. サンディ
11. Gifts

温かさしかなくて聴き心地満点だった

https://twitter.com/d15_green/status/1217424860151873537

https://twitter.com/0reXi5ODOXIdYEB/status/1217377546632740864

 

1曲目の「Ambitious」2曲目「フレア」の時点で強いし、4曲目「覚醒」ときてる。

もう最初からクライマックスなのが確定!

Superflyの「フレア」、理屈じゃないなあ。

生き抜いてきた人の、力強さと優しさが感じられる曲。

GemstoneがほんとSuperflyサウンド全開!

ロックなSuperflyが再来って感じがしたなぁ。かっこよすぎた。

覚醒何度もリピートしてる!

いつかちゃんとカラオケで歌えるようになりたい!

Fallかっこいいよね!!!!

あのMVもめっちゃ好き!!

「Lilyの祈り」は、せつなくてたまらない。

今回のアルバムの中で一番好きかも、カラオケに入らないかな?

氷に閉じこめての歌詞が好きすぎる

サンディも、朝仕事前に聴いたら1日頑張れそう。

ニコニコ歌ってる志帆ちゃんを思い出しながら前向きになれる。

Ambitiousから始まって、Giftsで終わるって最高か…

心にギュッとくる

アルバム「0」の曲たちの中で未タイアップ2曲が両方ともロック調だったのが嬉しい!

まだ志帆ちゃんの心の中でロックの炎は消えていなかったことを再確認できてよかった!!

superflyのアルバムを聴くと、やっぱ好きだなーという気持ちになる

0の曲順、今まででいちばん綺麗だった。既にシングルで出てた曲たちが新曲との美しすぎる繋ぎで(別の曲か?)ってなるくらい全員もれなく神曲に化けてる

Superflyのアルバムめちゃくちゃよかったよっていう報告

温かさしかなくて聴き心地満点だった…

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました